実はたくさんある!風神雷神図屏風巡りに行きませんか?

江戸の美術

琳派と狩野派の記事でも紹介した、琳派を代表する作品・風神雷神図屏風!

風神雷神といえば、教科書にも載っていた俵屋宗達の絵が有名ですね!

だけど

風神雷神の絵、実は一つじゃないんです!

厳密には、あまり有名でないものなども含めたら大量にあるのですが、ここでは代表的な模写を紹介していきます!

風神雷神、これがオリジナル!俵屋宗達

風神雷神図(俵屋宗達)
風神雷神図(俵屋宗達)17世紀前半
  • 作者:俵屋宗達(たわらや そうたつ)
  • 制作年:17世紀前半頃
  • 所蔵:建仁寺→京都国立博物館に寄託
  • 区分:国宝

これぞ風神雷神図!

風神雷神のオリジナルを描いたのは、琳派の開祖・俵屋宗達という絵師です。

風神・雷神がそれぞれ画面の両端ギリギリに配置された独特の構図は、扇絵の形を元にしているためです。

特に重要なのは、たらしこみ(=絵の具をぼかす技法)で描かれた雲の質感です。

このぼんやりとした雲があることによって、二神の激しい躍動感を助長しつつ画面に空間軸を設定し、平坦な金地に豊かな奥行きを生む役割を果たしています。

このたらしこみの技法は、後に琳派の特徴の一つとなっていきました。

尾形光琳

風神雷神図(尾形光琳)
風神雷神図(尾形光琳)
  • 作者:尾形光琳(おがた こうりん)
  • 制作年:1711年頃
  • 所蔵:東京国立博物館
  • 区分:重要文化財

こちらは宗達の作品から約100年後、尾形光琳によって描かれたものです。

構図や表情、細部の形状など細かく正確に模写しています。そかし、光琳はただ正確に模写するだけでなく、独自のアレンジを加えました。

  • 風神・雷神の姿が画面ギリギリではなく、全体像が画面に入るように配置されている。
  • 宗達の画では二神とも視線を下界に向けているが、光琳の画ではお互いの目線が合っている。
  • 屏風全体の寸法が若干大きい(宗達画は各154.5×169.8cm、光琳画は各166.0×183.0cm)。
  • 二神がよりビビッドな色合いになっている。
  • 輪郭線や雲の墨が濃くなり、二神の動きを抑える働きをしている。

光琳の絵の方が、色合いが現代的な感じがしますね。

細部までよく見ていて、また自分なりのアレンジを加えたりもして、この絵が好きな気持ちがよく伝わってきます。

琳派の絵師たちは、直接の師を持たなくとも、好きな絵師の模写して学ぶこともありました。

これを「私淑」といいますが、この私淑によって、100年前の絵からも学びを得ることができたのです。

酒井抱一

風神雷神図(酒井抱一)
風神雷神図(酒井抱一)
  • 作者:酒井抱一(さかい ほういつ)
  • 制作年:1821年頃
  • 所蔵:出雲美術館

光琳の模写をさらに模写した作品です。

抱一は、宗達の描いたオリジナルを知らず、光琳の画が模写でなく独自に描かれたものとして考えていたそうです。

そのため原作からは少し離れた感じもしますが、二神のお茶目でユーモラスな感じが引き立っています。

鈴木其一:酒井抱一の弟子

風神雷神図(鈴木其一)左
風神雷神図(鈴木其一)左
風神雷神図(鈴木其一)右
風神雷神図(鈴木其一)右
  • 作者:鈴木其一(すずき きいつ)
  • 制作年:江戸時代後期(19世紀)
  • 所蔵:東京富士美術館

こちらは江戸時代後期に描かれた作品。

この絵の作者・鈴木其一は、酒井抱一の弟子でした。

最初の風神雷神、宗達の時代から200年以上経っています。

この頃になるともうだいぶ違った作品となり、模写というより「題材を借りた」風になってきています。

色合いも、筆のタッチも柔らかな感じがしますね。

まとめ:お気に入りの風神雷神を探してみては?!

以上!

風神雷神図まとめでした!

お気に入りの作品は見つかりましたか?

「私淑」という、好きな作品を模写する文化があるのも琳派の面白いところです。

機会が合ったらぜひ、それぞれの美術館に足を運んでみてはいかがでしょうか。